2012年02月09日

【コメント<前編>】 第3巻(feat.リシア)

eustia_jkt03.jpg

ドラマCD第3巻に出演したキャスト様の中から、
以下の方々よりコメントをいただきましたのでご紹介します。
-----------------------------------------------------------
■ リシア役:中村繪里子さん
■ ヴァリアス役:一条和矢さん
■ ティア役:南條愛乃さん
-----------------------------------------------------------
――収録を終えての感想をお願いします。

【中村さん】
リシアを演じるのは、前のドラマCD(ドラマCD第1巻 feat.聖女イレーヌ)からちょっと久しぶりなんです。ずいぶんと成長したなって感じます。
前回は本当に小さい子供でしたからね(笑)。それに泣いているシーンだけでしたし。
今回はいっぱい動いて、いっぱいしゃべって、笑って幸せそうなシーンもあり、良かったって思っています。
あと、タイトルどおり涙を流すシーンもありまして。「そこが皆さんにどう伝わるのかな?」 とドキドキしています。でも、楽しいシーンがいっぱいあるからいいですよね?

【南條さん】
うん、良かったですよ〜♪

【中村さん】
リシアはとある人と“きゃっきゃウフフ鬼ごっこ”っぽいコトができたんです♪
夏の浜辺でやるような素敵な鬼ごっこを!

【南條さん】
(しみじみと)いいシーンだったよね……(笑)。

【中村さん】
すこく楽しかった〜(笑)。

【一条さん】
シリアスなシーンも多くありましたけど、どうやら女性陣のツボはここだったようです。
実際にやってみたい?(笑)

【中村さん】
無理ですよ〜。
やりたくないです! やりたく……ないんです……。

【一条さん】
あらら、そうなの?

【中村さん】
以前とある番組のネタで、お台場の人工浜で……それをやるっていう罰ゲームがありまして。

【一条さん】
それは……酷い罰ゲームだな(苦笑)。

【中村さん】
その思い出があるので、今回の収録は本当に良い体験になりました(笑)。

【一同】
(爆笑)

【一条さん】
収録内容には重いシーンがありましたが、実際に演じているメンバーは楽しい人が多く、絶妙な演技の連続でスムーズに進行致しました。
そして本当に笑い声の絶えない現場でした。

【中村さん】
お腹の音もけっこうなっていましたよね。

【南條さん】
そうですよね。

【一条さん】
ことわっておきますけど、僕はちゃんと食べてから来たので大丈夫でした(笑)。

【中村さん&南條さん】
(笑)

【一条さん】
こういう感じで、非常に楽しかったです(笑)。

【南條さん】
私的には、そうですね……ティアはドラマCD1巻の最後のポイントで顔を見せるのみでしたけど、3巻でようやく他のキャラと話をすることができて嬉しかったです。
苦労の耐えないティアにとって、本当にいい思い出になったと思います。
後は、振り回されているヴァリアスさんがちょっと可哀そうでしたね(笑)。

【一条さん】
僕、“石頭”呼ばわりされていましたからね〜(笑)。

【南條さん】
振り回されつつも、まっすぐに真面目にリシアに接しているヴァリアスさんの姿を見て、二人はいい関係なんだなと思いました。
本当に印象に残ることばかりで、収録に参加できて本当によかったと思っています。

――演じたキャラの魅力や、演じる際にポイントにされている点、または今回のドラマCD内でのご自身のキャラの活躍について、教えていただけますでしょうか?

【中村さん】
リシアはいっぱいお洋服を着ることができたので、楽しかったです。
ちょっとしたコスプレちっくなコトをしているシーンもありましたので、是非、聴いていただいて「どんな服着てんやろ?」と妄想をふくらませていただけると嬉しいです。

【南條さん】
あれ、(中村さんは)関西出身でしたっけ?

【中村さん】
いえいえ。何となく、聴いている方がそんな感じで楽しんでいただけるといいかなって(笑)。

【一条さん】
ははは(笑)。

【中村さん】
あと、しょっぱなのセクシーシーンもポイントでした。

【一条さん】
えぇぇえぇ??(笑)
あそこはただ我侭言っているだけのシーンでしょ!?

【中村さん】
セクシーシーンですよ!
パサ……って服脱いでますから。

――どうやら意見が分かれるシーンになった? ようですね(笑)。

【中村さん】
それと勿論、彼女のおてんばのところもいっぱい楽しんでいただけると嬉しいです。

【一条さん】
ヴァリアスのキャラクター性は、リシアに言われているように石頭なんです。
そんなことを言われつつも、リシアの我侭や理不尽な行いに対して叱咤し「その命令は聞けません」と言えるのは、国王を除けば彼しかいませんし、彼女にとって貴重な存在だと思っています。
だから、彼が正式に教育係に任命され、シナリオの終盤に向かって少しずつリシアへの接し方が変わっていく様子がポイントだと思いますし、皆さんに注目してほしいところです。

【南條さん】
ティアはどんなツライときでも笑顔を絶やさない子で、やっぱりそこが魅力なんだなと、収録を通して改めて感じました。
その一方で、おどおどしたり、引っ込み思案だったりもします。そんな一面と彼女の持つ明るい雰囲気とのバランスが上手く取れているといいなと思っています。

【中村さん】
大丈夫ですよ。「落ち着きのない娘だ」とリシアも言ってるぐらいだし。

【南條さん】
そのシーンでは、「いえ、あの……落ち着きがないのは、むしろあなたでは?」と思いながら聴いていましたけどね(笑)。

【中村さん】
それは……私も分かっているんです!(笑)

【一条さん】
(爆笑)

【南條さん】
リシアってそんな子供っぽいところが可愛いんですよ(笑)。
性格的に対照的なところもある同じ年代の女の子達が、一緒に話をしている様子を、きっと皆さんも楽しんでいただけるんじゃないでしょうか?


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


⇒ 【コメント<後編>】 第3巻(feat.リシア)に進む

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by marine at 19:31| ■ キャストコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。