2012年02月08日

【コメント<前編>】 第2巻(feat.メルト)

eustia_jkt02-1.jpg

ドラマCD第2巻に出演したキャスト様の中から、
以下の方々よりコメントをいただきましたのでご紹介します。
-----------------------------------------------------------
■ メルト役:麻見順子さん
■ カイム役:近藤隆さん
■ ジーク役:三木眞一郎さん
-----------------------------------------------------------
――収録の感想をお願いします。

【三木さん】
スタジオの中の雰囲気も大変よく、楽しく行うことができました。

【近藤さん】
豪華なキャスティングで行われたこのドラマCDに参加できたことを非常に光栄に感じています。プロフェッショナルな方ばかりでしたので、良い緊張感がありました。

【麻見さん】
みんなで一緒に空気を共有して、いい雰囲気の収録でした。
収録の雰囲気ってやっぱり作品に反映されるじゃないですか。ですから、すごくいい内容になっていると思います。


――演じられたキャラクターの魅力や、演じる際にポイントにされた点についてお願いします。

【三木さん】
彼(ジーク)は本当にいい奴だなと感じています。
魅力に関しては、逆にファンの皆さんはどう感じたのかお声をいただきたいですね。

【近藤さん】
カイムに関しては、子供の頃から大人になっていく過程の歳のとり方や成長の仕方について意識しました。冒頭部とラストの頃では、恐らく皆さんが思う以上に雰囲気が変化していると思いますよ。

【麻見さん】
メルトのキーワードで、ポイントなのは“博愛主義者”なところです。
“来る人拒まず去る人追わず”だろうし、みんなのことを気にかけていて、みんな同じように好きなんだと思うんですよね。それが「すごいな」って感じています。
相当苦労してこういう性格を見につけたんだろうなぁ……。
でも、つらいところを見せずに明るく周りの人を見守っていて……。
みんなを明るくできるトコを私も見習いたいなって思います。


――今回のドラマCDの聴きどころやオススメのポイントについて、お願いします。

【三木さん】
やっぱり全部でしょう!
最初から最後まで、じっくりと聴いて楽しんでいただけると嬉しいです。

【近藤さん】
どこを切っても面白いので、一つを選ぶのは難しいですね。
このドラマCDの主軸はメルト・カイム・ジークの3キャラクターですが、節目で様々なキャラクターが登場し、何かしら伏線を残しています。こちらにも注目していただければと思います。

【麻見さん】
三木さんが仰っていたように、みんな聴きどころですよ。ハラハラするシーン、悲しいシーン、素敵なシーンといっぱいありますから、聞き漏らさず聞いてほしいです。
あえて言うとそうですね……
「あの人のことを本当に好きだったんだな」って分かるところでしょうか?
あ! あと、(メルトが)カイムさんを抱きしめたところもオススメですよ(笑)。


――ご自身の演じたキャラ以外で気になったキャラクターがいらっしゃれば、その理由とあわせてお願いします。

【三木さん】
内緒ですよ。…ってまぁ、あえて言わないのは、どのキャラクターも魅力的で選べないからなんですけどね(笑)。

【近藤さん】
役者的な無いものねだりの方の話になっちゃうんですけど、他のキャストの方々の演技が非常に気になり、そして一つひとつが勉強になりました。
男性の方・女性の方問わず、本当に素敵でした。
そういう意味でも収録に参加できて良かったなと思っています。

【麻見さん】
リリウムの3人娘です。
メルト的には可愛くてかわいくてしょうがなくて、私も「可愛いなぁ」って思っています。


ドラマCD 穢翼のユースティア

▲ ドラマCD『穢翼のユースティア』HPはこちら!


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


⇒ 【コメント<後編>】 第2巻(feat.メルト)に進む

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by marine at 11:28| ■ キャストコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。