2012年06月20日

【5巻】収録後コメント(前編)

――収録を終えられての感想をお願いします。

【近藤隆さん】
今回も非常に大ボリュームで、収録も少し長丁場でした。重い話だったのですが、それでもすごく楽しく収録はできたなと思います。壊れていくエリスに、どこかに救いがあればとずっと思っていたんですけれど、それがちょっとずつ見えていくところが良かったです。

【中島沙樹さん】
リサはあまり本編で関わるキャラクターではないので、今日は皆さんの演技を堪能させていただきました。
過去に複雑なお話があったんだなと驚きつつ、しかし収録自体はとても楽しく面白く終わることができました。

【浅川悠さん】
途中の盛り上がるところまでは、本当にタイトル通り人形のような感じで淡々としていましたので、中島沙樹ちゃんのおっぱいを合間に触って和んでいました(笑)。
私は人に面倒かけさせる役をあまりやったことがなくて……「すみません」という気持ちで演じていました。
元々のシリアスでヘビーな世界観を、いつもは朗らかな女の子達が中和しているんですけども、今日はドンと落として差し上げました(笑)。感情がない役というのも簡単なものではないのですが、色々と考えて演じるのは楽しかったです。

【麻見順子さん】
本編はちょっと重いですけれども、久々に皆さんにお会いできて、一緒に楽しく収録できて嬉しかったです。
ありがとうございました。

【本間ゆかりさん】
本編とは別ラインで、ほんのりのほほん系といういつもの三人娘で関わらせていただきました。
どちらかと言うとどんな時でもおっとりしているお姉さんのクローディアが、珍しく焦って早口で叫んでいたりとか、本編では出てこなかったような緊迫した表情も演じさせていただきました。
ゲームとはまた違う形での、それぞれのキャラクターの魅力を再発見していただけるんじゃないかと思います。
個人的には、無口なエリスちゃんが、お腹からぐわーーっと叫んでくれた、あのシーンで萌えました。
このあたりが私の今日一番の収穫でした(笑)。


――今回のドラマCDの聞き所やおすすめポイントを教えていただければと思います

【本間ゆかりさん】
今回はとにかくエリスとカイムの熱演です。
女の子同士なんですけれども、聞いているこっちが不覚にも、グッと引き込まれたり萌えてしまったり、そういうポイントがいくつかありました。
めんどくさい子達もいいもんだな、こんなふうにかき回してもらうのもなかなか萌えるんだなっていう点が、聞いていて楽しかったので、ぜひ皆様も楽しんで下さい。

【麻見順子さん】
やっぱりエリスちゃんの壊れっぷりに、心苦しくなります。皆さん、心して聞いて下さい。

【浅川悠さん】
あまり「普通」はないところです。下のほうに壊れているか、上のほうに壊れているかで、通常状態のエリスがいません。
このCDで初めてエリスを聞いてしまった人は大変なことになると思います(笑)。
個人的にそういう役をやることがあまりないので、そこも聴きどころかもしれません。

【中島沙樹さん】
やはりカイムとエリスの熱演、これに尽きると思います。また、素敵な先輩に囲まれてとても楽しい収録でした。
エリスの独白部分がもの凄くぐっときてしまいまして、皆さんにもヘッドホンでがっつり聞いてほしいと思いました。

【近藤隆さん】
もちろん本編も聞き応え十分ですし、巻末のトークでのおっぱいのお話とか、いろんなお話の真相が明らかになる、一枚で二度美味しいCDになったと思います。本編の重くナーバスな世界観を録っている人たちが、巻末のトークでは適当なことを喋っていたりして、どちらも楽しめるんじゃないかなと思います(笑)。
posted by marine at 20:17| ■ 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

【コメント<後編>】 第4巻(feat.フィオネ)


ドラマCD第4巻に出演したキャスト様の中から、
以下の方々よりいただいたコメントの後編をご紹介します。
-------------------------------------------------------
● フィオネ 役 : 斉藤佑圭 さん
● クーガー 役 : 松本保典 さん
● ルキウス 役 : 高橋広樹 さん
● システィナ 役 : 武田華 さん
-------------------------------------------------------

――斉藤さんはフィオネ以外で気になったキャラについて教えていただけますでしょうか?

【斉藤さん】
もちろん、お兄ちゃん、お父さんは一番気になります。
ただ…

――ただ・・・??

【斉藤さん】
(ドラマCDの中で)十分、家族愛に溢れたストーリーが描かれていたので、ここではあえて別の人をあげておこうかな〜と(笑)。

【松本さん】
ははは(笑)。

【斉藤さん】
そうですね……ルキウスとシスティナでしょうか?

【武田さん】
うん、うん(笑)。

【斉藤さん】
今後どうやって関係が深まっていくのでしょうか?
ラブラブな方向にはいかずに、今の流れで…。
気になりますね。


――今回のドラマCD4巻〔feat.フィオネ〕の聴きどころ、注目のポイント等について教えて下さい。

【斉藤さん】
やっぱり、フィオネと家族との関係性が分かるシーンがポイントじゃないかなと思います。
隊長としてのフィオネは周りに対してちゃんとしている姿を見せなければいけないので、なかなか心を開かないんですけど、過去の彼女はお兄ちゃんやお父さんに対して柔らかい雰囲気で接しているんです。可愛いかったですよ(笑)。

【松本さん】
ずばり、シルヴァリア家の物語と作品そのものが抱える謎でしょう。
物語は(斎藤さんの)話があったとおりですね。
謎の方は、システィナ達のサイドでの話の中にあって、次回以降に伏線を残していて、非常に期待をしたくなる内容でした。

【高橋さん】
僕は、ゲーム本編の前史である――ということ自体がポイントだと思います。
原作のストーリーに辿り着くまでに、各キャラクター達がどういう経験をしてどういう想いを抱えてきたのかが分かるところが、一番のオススメです。
ちなみにルキウスはといいますと、ドラマCD中では相当若いはずなんですけど、歳相応ではないレベルで落ち着いています(苦笑)。
システィナとセットで皆さんに注目していただけると嬉しいです。

【武田さん】
システィナは、今はまだルキウス様に心酔しきる前の段階です。
次の巻以降どうなるのか、台本を読むのが今からとても楽しみです。
皆さんにも各キャラクターの現代と過去との違いをいろいろなシーンから聴きとっていただけたらと思います。


――ファンの皆様へメッセージをお願いします。

【斉藤さん】
過去から現代までのお話の中で、厳しい態度を取っているシーンがあったり、甘えているシーンがあったり、怒っていたり笑っていたりといろんなフィオネを見ることができる内容になっています。
温かくて切ない過去のお話をたくさんの方に聴いていただければと思います。
あとは……誰か嫁にもらってやって下されば、私的には言うことなしです(笑)。

【一同】
(笑)

【松本さん】
僕としてはもう……皆さんにこの作品を楽しんでいただければ十分です(笑)。
それ以上望むことはないです。

【武田さん】
実は、システィナはドラマCDのどの巻でも伏線のところで登場しているキャラクターなので、私としては、作品世界の謎が明かされたり新たな謎が明らかになったりするところを間近で見ることが出来て嬉しいです。
こうして出演できるのも応援してくださる皆様のおかげです!
あとは…ルキウス様といつかデュエットソングを歌えたらいいな……なんて、こっそり、ホントこっそりとですけど思っていますので(笑)。

【松本さん】
お! システィナは野望があるね!!(笑)

【斉藤さん】
いいですね〜。

【一同】
(笑)

【武田さん】
こっそり、ですよ(笑)。
今後もドラマCDの内容をファンの皆様と一緒に楽しみにしています。
是非、引き続き応援をよろしくお願いします。

【高橋さん】
長い期間、一つの作品、一人のキャラクターとお付き合いさせていただけることに感謝しております。これもファンの皆様の応援の賜物だと思っております。
今後もどうぞ応援の程、よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


⇒ 【コメント<前編>】 第4巻(feat.フィオネ)に戻る

※ フィオネ役の斉藤佑圭さん、クーガー役の松本保典さん、ルキウス役の高橋広樹さん、システィナ役の武田華さんからのコメントです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

posted by marine at 17:54| ■ キャストコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

【コメント<前編>】 第4巻(feat.フィオネ)

ドラマCD第4巻に出演したキャスト様の中から、
以下の方々よりコメントをいただきましたのでご紹介します。
-------------------------------------------------------
● フィオネ 役 : 斉藤佑圭 さん
● クーガー 役 : 松本保典 さん
● ルキウス 役 : 高橋広樹 さん
● システィナ 役 : 武田華 さん
-------------------------------------------------------

――収録を終えての感想をお願いします。

【斉藤さん】
フィオネの幼い頃から新人隊員の頃、そして隊長になるまでの3段階での成長具合をいち早く覗かせていただき、楽しかったです(笑)。
お兄ちゃんやお父さんとの絡みが多く、家族の絆を感じる内容で、実は台本をチェックしながら「なんていい話なんだ!」ってウルっときちゃったんです。
すごくやりがいのある収録でした。

【松本さん】
自分の中では若い頃のクーガーのイメージを“凄くカタイ人”と思って作っていたんですけど、今回の収録を通じてイメージが変わりました。
兄妹や家族への想いを強く感じる内容でしたね。
シリアスな展開の中に温かさを感じるシナリオでとても良かったです。

【高橋さん】
ドラマCDシリーズも後半に入り、ルキウスとの付き合いも随分と長くなり、自分とキャラとの距離が相当縮まってきたことを実感しています。
彼に対し親近感を感じつつ、収録を行いました。

【武田さん】
台本を読んでいるときはシリアスなストーリーで重いお話なんじゃないかと思っていたんですが、スタジオで皆さんのお芝居を聞いていると、どのシーンにも根底に愛情が溢れていて、すごく温かいお話だと感じました。


――演じているキャラクターの魅力や、演じる際にポイントにされている点について教えていただけますでしょうか。

【斉藤さん】
フィオネってガンコで融通が利かないところがあるじゃないですか。
それって男性視点だと心配みたいですね。
お兄ちゃんとかお父さんがフィオネに接している姿とか見ますと(笑)。
お兄ちゃん子だったり、お父さん子だったりして甘えるところのあったフィオネが、強く成長する中で、そういうイメージが保てるように頑張りました。

【松本さん】
う〜ん、ポイントというか大事にしたのは“妹を見守る姿勢”でしょうか?
職務をこなすカタイ姿の中に、柔らかさも同居できるように演じたつもりです。

【高橋さん】
ただ落ち着いているのではなく、肝の据わった動じない人間であるように心がけています。
幼少時に経験したトラウマに近い出来事によって形成された人格ですから。

【武田さん】
システィナは真っ直ぐなところが魅力です。
今(ドラマCD4巻)は、ルキウス様を通じて真っ直ぐなだけでは気付けない何かがある世界を知り、悩みを深めていますけど、そんな中でも彼女の真っ直ぐさがどこか伝わるように演じています。


――フィオネというキャラクターについてどう思いますか?

【武田さん】
すごく勇気のある人だなと。
様々な形で “正義” が主張される中で自分にとって何が大事かを見定めるには、勇気がないとできないことだと思いますから。

【松本さん】
真っ直ぐなキャラクターだというのは良く知っているつもりでしたが、その真っ直ぐさは自分の選んだ道を歩む過程で磨かれたものなんだと、今回の収録で感じました。
優しさと人間味を持った、魅力的な子だと思います。

【高橋さん】
僕は“クラスに一人はいたであろうヤンチャな女の子”という感じがしました。
勝気で男勝りな雰囲気の中に時折見せる女の子らしさがいいですよね。
そんな子は、実は僕的にもツボだったりします(笑)。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


⇒ 【コメント<後編>】 第4巻(feat.フィオネ)に進む

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by marine at 13:31| ■ キャストコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。